オクラ

美味しいオクラの選び方

オクラ
オクラが日本で食べられるようになったのは昭和50年代と言われていますが、エジプトでは2000年も前から栽培されていました。

選ぶポイント

  • チクチクとした産毛がしっかりと残っている
  • 鮮やかな緑色
  • 切り口の変色が少ない
  • オクラの栄養成分

    オクラの注目成分といえばやはり切ったときに出る「粘り」です。
    この粘りはペクチンやムチンなどといった食物繊維の一種です。
    これらは水溶性食物繊維といって、体内の余分なものをからめとって排出する働きがあります。そのため、整腸作用や血糖値の急上昇、コレステロールを抑えるのに役立ちます。
    そのほかにもカリウムやカルシウムなどのミネラル、免疫力UPに役立つβカロテンや代謝UPに欠かせないビタミンB群が含まれています。

    オクラの保存方法

    オクラは温暖な気候で育つ夏野菜ですので、寒い場所が苦手です。
    基本的には常温保存が望ましいのですが、冷蔵庫に入れる場合は新聞紙に包みましょう。
    また、生のままでもかために茹でてからでも冷凍保存が可能です。
    野菜一覧に戻る

    ページトップへ戻る